世界一周

1/10ページ

海を割ったモーセが死んだ山、ネボ山へ

テンです。   今日はヨルダン最後の場所マダバへ向かいます。   アンマンからマダバまではバス。まずはそのバスに乗るためにバスターミナルへ。 滞在中のホテルの前からバスターミナルまでのバスが出ていて、色んな種類のバスが出ているがどれでもいいらしい。簡単。   到着したのは昨日と同じバスターミナル。昨日はこのターミナルに到着するのに1時間くらい迷ったのに。。   […]

やっぱり時間がもったいないから観光しようの回

テンです。   アンマンで身動き取れなくなった僕ら。 次のフライトの日まで約5日間くらいホテルでぼーっとすることにした。   10月26日ホテルでぐうたら。 10月27日ホテルでぐうぐう。 10月28日ホテルでお休み。   あぁ、、、幸せ。。。。ってあかん!時間もったいなさすぎ!と当然のことにようやく気付き、10月29日今日は観光しに行きます。   ●古都サ […]

鉄砲水で行き先をなくしアンマンに引きこもる

こんにちはテンです。     10月26日、昨日イスラエルからヨルダンはアンマンに到着した僕ら。   今回から読み始める人のために、ヨルダン->イスラエル->ヨルダン、と移動してきたので、このヨルダンは2回目の入国。   前回入国した際に購入した1ヶ月用のヨルダンsimカードを携帯にブッ込んだところ全然使えない。   容量も期間もまだま […]

ネットの情報には頼るな!ドッキドキのイスラエル出国とヨルダン再入国

こんにちは、テンです。     10月25日イスラエルの観光を終えヨルダンに戻る日がやってきました。 こちらの記事で書いた通り、イスラエルの出入国は色々気をつけることが多く旅人泣かせ。   前回の話を簡単に整理する。 こういう移動を想定。 ヨルダン –> イスラエル –>ヨルダン再入国 日本人は空路で1回目のヨルダンinした場合、3 […]

<<世界一周費用>>イスラエル12日間のかかった費用総額はいくら!?

こんにちは、夫のテンです。   世界一周の記念すべき第7カ国目のイスラエル。今まで1カ国につき1ヶ月単位くらいで滞在していたのにイスラエルはサクサクの12日間でした。 物価も高いし、海や自然が好きな僕らなので、もちろん歴史も好きですがちょっとサクサクと見ていった感じ。   でもエルサレムは見所全部制覇したし、パレスチナ側にも行ったし、聖地巡礼であちこちうろちょろしたけども、日数 […]

イスラエル最後は伝説の死海文書

こんにちは、テンです。ちょくちょくココも入ってます。   10月24日、今日はついにイスラエル最後の観光です。 明日はイスラエルを出て再びヨルダンに戻ります。     イスラエル最後の場所は、、、エルサレム。 そうまたエルサレムまで戻るのです。 エルサレムに戻る理由は二つ。ヨルダンに戻るためにバスに乗る事。そしてエヴァンゲリヲンに出てくる死海文書を見ることです。 &n […]

聖地巡礼は続くよどこまでも、その3、ただしユダヤの

こんにちは、テン&ココです。     今日は共同作品ということで繰り広げていきます。 一部をテン、一部をココが書いていますが、どっちがどっちを書いたかは内緒。     さてリアルタイムからすでに半年くらい後追いになっているブログです。 本日10月23日はTsfatという町に向かいます。 正直全然聞いたこともない町ですが、結構見所があって面白い町でした […]

聖地巡礼は続くよどこまでも、その2

ココです。お久しぶりですーー。     今回イスラエル ティべリアスの観光編。ローマ皇帝ティベリウスにちなんだ都市名だそうで。 まずはナザレからティべリアスまでバスで向かう。それなりに遠いが普通にGoogle mapで案内が出てくるので非常に簡単。 Google mapによるとバス431に乗るだけで着く。 ただバス乗り場だけは何故かGoogle mapと違う場所で分かりづらかっ […]

聖地巡礼は続くよどこまでも、その1

こんにちは、テンです。   今日はエルサレムを後にしナザレに向かいます。10月19日のこと。   ナザレはイスラエルの北の方にある都市です。 ここは何故有名か、それはマリアが受胎告知を受けたとされる場所だから。 受胎告知とは大天使ガブリエルが突然マリアのもとにやってきて、これから貴方は神の子を授かりますというお告げを受けるといもの。 キリストは伝説は全てここから始まったといって […]

沈まぬ死海

こんにちは、テンです。   今日は(10月18日)死海へ行きます。 死海は説明も不要かとは思いますが、塩分濃度が高すぎる湖のため生物が一切住めないことから死の海と名付けられ、その塩分濃度から体がプカプカと浮いてしまうのです。   コップに水を浸しそこに卵を沈め、そこにどんどん塩を入れて塩分濃度を高めていくと、あら不思議、卵が浮くではありませんか、という実験を子供の頃した事を思い […]

1 10